サービス一覧

若い頃はぱっちりした目をしていた人も年齢とともに目が小さくなる、まぶたが開きにくいなどの悩みが出やすくなります。
こうした症状を眼瞼下垂と呼びますが、これは上まぶたを上げる筋肉が年齢とともに弱ってしまうことで起こります。
目が小さく見える、まぶたが重く感じるなどの症状が出ますが、このほかにも肩こりや頭痛が起きやすくなる、おでこにしわが出やすくなるなどの悩みも出てきます。
年配の人に多い症状ですが、若い世代でもパソコンを長時間使用している人、ハードコンタクトレンズを使っている人などにも出やすい傾向にあります。
一度下がってしまったまぶたを自然に元に戻すことは困難ですが、眼瞼下垂は治療で改善できますので、症状がつらいときには治療も検討してみてはいかがでしょうか。
治療はメスを使って本格的に行う方法もありますが、メスを使わずに糸でまぶたの筋肉を収縮させる方法もあります。
目の症状が改善されることはもちろんですが、見た目も自然で美しく仕上がるよう、医療機関選びは慎重に行いましょう。