サービス一覧

まぶたが垂れ下がっていて物が見づらそうな人を見かけます。
片目であったり、両目であったり、ひどい人は黒目が完全に塞がっている人もいます。
今までそういう人を見かけてもあまり気にはしていませんでしたが、そういう眼のことを眼瞼下垂と言うようです。
まぶたが上がりにくい状態で、片目の場合と、両目の場合があり、先天性と後天性があるようです。
先天性の場合は、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)の形成不全によるものが多いようです。
後天性のものはハードコンタクトレンズの長期装用(腱膜性眼瞼下垂)によるものや加齢(加齢性眼瞼下垂)によるまぶたの筋肉の弛緩がなどがあり、他には神経・筋肉に問題が発生した場合に起こるものがあります。
正常な状態はまぶたが瞳孔にかからない、軽い状態はまぶたが瞳孔にかかっている、重い状態はまぶたが瞳孔を塞いでいます。
眼瞼下垂による、身体への影響としましては、眼精疲労・頭痛・肩こり・複視(ものが二重に見える)などがあり日常生活に支障をきたす場合もあります。
治療や手術の方法も色々とあるようですが、それなりにリスクもありますので、専門の医師に相談をして症状に応じた適切な方法を選択して下さい。