サービス一覧

眼瞼下垂とは、瞼の位置が通常よりも下がっており、視野が狭くなることですが、色々な原因があり、それによって対応も変わってきます。
生まれながらに眼瞼挙筋が不良の場合もあり、その場合には、経過観察をして、三歳くらいまでに改善が観られなければ、手術を行う必要があります。
また、加齢や何らかの怪我などによって、眼瞼挙筋がゆるんでしまった場合には、吊り上げる手術をする必要がありますが、合併症の恐れもありますから、さまざまな観点から診察をして、対応することが求められます。
眼瞼下垂になると、顔つきの印象が悪くなることもあり、美容にとっても良い状態ではありません。
また、視野が狭くなるために、日常生活にも支障をきたします。
早めに適切な対応を取り、しっかりと治療することが大切で、それによって眼瞼下垂のストレスを軽減することが叶います。
眼瞼挙筋は鍛えることで、衰えを遅らすことも可能です。
日常生活の中でも、顔の筋肉を意識して動かすことも大切です。